LAAD

Liberal Arts and Academic Disciplines

総論:教養と学問の前に >
前頁 |▼| 次頁

第9章 弁証法

論理的思考の推論形式の最後として、弁証法について解説します。これは演繹法とも帰納法とも少し趣の異なっていますが、大切な推論方法です。

弁証法は、対立・矛盾する2つの概念から、それを解消してより高次の概念に発展させます。推論の結論は必ずしも正しいものになるとは限りませんが、様々な結論を導く可能性のある強力な推論です。

目次
1 定義
2 具体例と注意点
3 総合・分析・直観

テキストのダウンロード[詳細
通常版   既述版
 
 
ADs


1 定義

フランス合理論、イギリス経験論と来て、残るはドイツ観念論です。やはりヨーロッパの大国と言えば、英仏独の3カ国が今でも挙げられるので、ドイツの論理に関する思考方法は避けては通れません。フランス合理論とイギリス経験論を総合的に発展させたのが、18世紀のドイツの大哲学者イマヌエル・カントです。そのカントの哲学的功績を19世紀に批判・発展させることで形成されたのが、ドイツ観念論です。

ドイツ観念論といっても、合理論や経験論とは違い、言葉からピンと来ないかもしれませんが、英語では、German idealism です。英語よりもはるかに酷い発音になってしまいますが、ドイツ語で、Deutscherドイツア Idealismusイデアリスムス と言います。また、第8章 観念連合で説明したように、観念は、対象についての意識・考えを意味しました。したがって、ドイツ観念論は、意識や精神的な働きと、それによる世界の理解を考える思想の流れです。ドイツ観念論の代表的な哲学者には、フィヒテ、シェリング、そしてヘーゲル等がいます。

このドイツ観念論の中で、ヘーゲルによって打ち立てられたのが、弁証法です。英語では、dialectic と言います。弁証法の萌芽は、古代ギリシアの哲学者プラトンやアリストテレスの時代から既にありました。ヘーゲルが、それをより洗練して理論付けたと言えます。

こうした背景からも察することができるかもしれませんが、弁証法は、推論方法というよりも、世界の理解の仕方といった意味合いが強いです。とは言え、弁証法の発想方法は、非常に強力で、論理的思考でも活躍する有用なものです。 また、思想や世界の理解の仕方といった意味合いが強いが故に、本来、弁証法は演繹法にも帰納法にも分類されません。しかしながら、ここでは正しい推論だとしても結論が必ずしも正しいものになるとは限らないという意味で、演繹法ではなく広義の帰納法に分類しておきます。

さてドイツ観念論と時代背景等の前置きを終えたところで、早速、弁証法の説明に移りましょう。
弁証法は、簡単に言うと、せいはんごう止揚しよう過程をたどる推論方法です。
これだけではよく分かりませんので、「正」、「反」、「合」、そして「止揚」の4要素についてそれぞれ詳しく見て行くことにします。

まずについてです。
正は、定立とも言われますし、カタカナでテーゼとも言われます。テーゼはドイツ語です。綴りは、these です。英語では、thesis となります。英語を勉強していれば、thesis の意味は覚えさせられると思いますが、「論文」や「命題」といった日本語が当てられます。

つまり、正・テーゼは、正しいとされているある1つの考えという意味になります。今まで使って来た用語に即して言えば、正しいとされた命題といったところです。
図9.1.弁証法 


次にについてです。
反は、反定立とも言われますし、カタカナでアンチテーゼとも言われます。アンチテーゼもドイツ語です。綴りは、antithese です。英語では、antithesis となります。anti- が「逆の」とか「反対の」といった意味を持つので、「antithese」は「反対の」「these」という意味になります。今は普通に「〜の反対者だ」というのを「〜のアンチだ」と言うので分かりやすいかと思います。そして、日本語においても「反」の字から分かる通り、反は正の反対の意味になります。

要するに、反・アンチテーゼは、正・テーゼに反する別のもう1つの考えという意味になります。正しいとされた命題を否定するような命題ということになります。
図9.1.弁証法 


そして、についてです。
合は、総合とも言われますし、カタカナでジンテーゼともいわれます。ジンテーゼも、もちろんドイツ語です。綴りは、synthese です。英語では、synthesis となります。syn- が「共に・同時に」「類似の」「合成の」といった意味を持つので、「synthese」は、「合成の」「these」という意味になります。「A と B 共に」「A と B が類似して」のように、「共に」「類似の」といったものは対象が2つないと成立しない言葉です。2つの事物は対等な位置づけでないと、「同時性」や「類似性」は見つけるコトができません。2つの事物の対等だと考えることは、異なる2つを「合成して」考えているとも言えます。

すなわち、合・ジンテーゼは、正・テーゼと反・アンチテーゼが両立できるように統合することが可能な1段進んだ本質的な考えという意味になります。正しいとされた命題とそれを否定する命題を合せた命題と言えます。
図9.1.弁証法 


最後に、止揚とはどういうことかについてです。
正―反―合のそれぞれの意味を説明しましたが、正と反が統合されて合になることが分かったと思います。そこで、正と反の関係をよく観察して、どのように合に統合されていくかを分析してみます。

正が、正しいとされているある1つの考えでした。そして、反がその正しいとされているある1つの考えに反する別のもう1つの考えでした。定義から分かる通り、この正と反の両者は対立するものであり、お互いに矛盾する関係にあることが分かります。
図9.1.弁証法 


この対立して相互に矛盾する正と反は、その対立関係にあることを以って、相互に結びついています。対立するということは、何かしらの関係が必要になるからです。何の関係もなければ、対立すら生まれません。

そして、正の中には、自己を否定する要素が元々存在しています。その結果、正しいとされているある1つの考えを否定する反が生じます。それ故に、正と反は対立関係にあることになります。 この対立と矛盾の関係によって、正と反は相互に否定し合うことになります。
図9.1.弁証法 


その結果、正と反の相互対立と矛盾を解消して、正と反の両方の本質を含んだするような考えが生まれます。これが合であり、ジンテーゼです。

合は、正と反が「両立」できるように「統合」することが可能な1段進んだ本質的な考えを意味しました。確かに合は、正と反の対立と矛盾を解消している点と、正と反の両方の本質を含んでいる点で、「両立」と「統合」を達成しています。そして、「両立」と「統合」が達成された考えであるために、「1段進んだ」考えで、正と反よりも「本質的な」考えと言うことができます。

また、否定の否定は二重否定で、二重否定は肯定になるのが論理学の約束事でした。
正は反を否定し、反は正を否定しています。つまり、正は「反ではない」ということであり、反は「正ではない」ということになります。二重否定は肯定という論理学の約束事を守れば、正は「『正ではない』ということはない」となり、結局のところ「正である」ことになります。

しかし、弁証法では、この相互の否定を、二重否定で単なる肯定と捉えず、高次の肯定と捉えます。単なる二重否定の肯定ではなく、高次の肯定だから、正と反が本質を含んだ形で「両立」するように「統合」され、1歩進んでるわけです。
図9.1.弁証法 


この正と反から合が生まれる過程を止揚と言います。カタカナでアウフヘーベンとも言われたりします。

アウフヘーベンもドイツ語です。綴りは、aufheben です。英語でも同じく、aufheben と綴りますが、aufhebung と書かれることもあります。止揚は、正と反が相互に対立と矛盾が解消され否定し合うことを「止」め、正と反を両立し統合する1つ進んだ本質的な考えに「」げることだと言えます。

なお、注意点として、正と反には価値の優劣は基本的にありません。正だから優れているわけでもなく、反だから劣っているわけでもありません。正と反は相互に対立関係にあるだけです。また、正と反の対立関係は、正自体に矛盾する要素があることから、反が生じていることも忘れないようにしてください。

それでは、やや強引ですが、弁証法を記号化しておきます。
まず正・テーゼとして「A は B である」が存在します。
これに対して、反・アンチテーゼとして「A は C である」が現れます。

弁証法
<> A は B である
<> A は C である

この正と反は、相互に対立して矛盾した関係にあります。この場合、「B」と「C」がお互いに対立していると言えます。したがって、お互いに否定し合います。しかし、定義から分かる通り、「A」は「B」であり、「C」でもあるので、
正の「A は B である」とは、「A は C を内包する B である」と言え、
反の「A は C である」とは、「A は B を内包する C である」と言えます。

弁証法
<> A は B である
<> A は C である
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> A は C を内包する B である
<> A は B を内包する C である

この相互に対立・矛盾する正と反を止揚・アウフヘーベンすることで、合・ジンテーゼが導かれます。合・ジンテーゼは、正と反が両立し統合する本質的な1歩進んだ考えなので、「A」が持っている「B」と「C」の両方を併せ持つことになります。
つまり、合・ジンテーゼは「A は B であり、同時に C である」ということになります。

弁証法
<> A は B である
<> A は C である
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> A は C を内包する B である
<> A は B を内包する C である
 ↓止揚
[] A は B であり、同時に C である

ヘーゲルは、このように事物は変化を続けて発展していくものと考え、そして、この変化の法則を弁証法と呼んだわけです。事物は変化を続けて発展していくので、合・ジンテーゼが1度できれば終わりということにはなりません。その合・ジンテーゼを正・テーゼと再度捉えなおして、それと対立する反・アンチテーゼが新たに現れ、再び止揚・アウフヘーベンされます。そして、新たな合・ジンテーゼが生まれることになります。
図9.2.弁証法による発展・変化 


この変化がいつまで続くのかは、分野や学者によって争いがあります。ある均衡点、つまりバランスがとれた状態まで行くと終わると考える人もいれば、いつまでも際限なく永遠に続くと考える人もいます。これは現代思想にも関わって来て面白いのですが、ここでは、代表的なものをそれぞれ数例紹介して、弁証法の変化・発展の継続性に争いがある、という点のみを紹介するに止めておきます。

ある均衡点まで続くということは、いわゆる理想的な状態が達成されることになるので、そこには矛盾も対立もなくなるわけです。このようにある均衡点で変化・発展が終わると考えるた人で有名なのが、社会主義や共産主義で有名なドイツの経済学者マルクスです。マルクスは、資本家つまり金持ちと、労働者つまりは貧乏人の対立関係が解消され、共産体制に至ることで、すべての矛盾や対立がなくなる理想郷ができると考えたんですね。まっ、理想は理想で現実に達成は不可能ですが。

逆に、際限なくいつまでも続くというのは、常に対立・矛盾し続けるため、永遠に変化を続けていき止まることはなくなります。これは、ポスト構造主義や脱構築主義のフランスの哲学者デリダが有名です。デリダは、事物の構造は人の価値観が入り込んでいるが、その構造について新しい見方を示すことで既存の価値観を相対化することで、新しい価値を提示すると考えました。意味が分からない人は、「事物の構造」を、「事物の関係」と捉えてもらえて結構です。「既存の価値観」は、「固定観念」とも言い換えられます。

つまり、私達は、固定観念の下に事物の関係を理解していますが、事物の関係の新しい見方を提供することで、その関係は別に正しいコトであったり、優れたモノであるわけではなく、本質とは特に関係がないものだということを示すわけです。これを脱構築と言います。こうして脱構築されると、固定観念とも言える既存の価値観の正当性は揺らぎ相対化されます。そして、事物の構造、つまり、関係は、常に変化し続けていくわけです。

いずれにしろ、事物それ自体に、あらかじめ対立や矛盾を持つ要素が存在しており、その対立と矛盾によって発展すると考えるのが弁証法と言えます。

ページトップへ


2 具体例と注意点

まさに観念的な話をしてしまっているので、弁証法の定義の説明だけを聞いてもよく分からないと思います。そこで次に、具体例を使って、弁証法の理解を進めたいと思います。
ヘーゲルは、「つぼみ」と「花」と「果実」を使って弁証法の説明をしています。どういうことかと言うと、
まず「蕾」が存在する。
その「蕾」は「花」が咲くことで消える。
そして、その「花」も「果実」がなることによって消える。

ヘーゲルは、「蕾」から「花」へ、「花」から「果実」へというこの一連の変化を弁証法として理解しました。では、弁証法に当てはめて考えてみましょう。



正・テーゼは、「蕾」です。
しかし、「蕾」はやがて花開くことになるのは誰もが知っています。やがて「蕾」は「花」が咲くことで消えることになります。
つまり、反・アンチテーゼが、「花」です。

このとき、正である「蕾」と、反である「花」との関係は、相互に矛盾し対立したものです。「蕾」の存在は、「花」の存在を否定しています。また「花」の存在も、「蕾」の存在を否定しています。

両者の対立は、「花」が咲くことで「蕾」を否定して捨て去ることで解消するのではなく、「花」もやがて「果実」となり消え去る運命にあります。つまり、「果実」が、合・ジンテーゼです。

これは、合の「果実」が、「蕾」と「花」の対立・矛盾関係を解消し、両者の本質的部分を含みながら発展していると考えられます。止揚・アウフヘーベンです。

「蕾」―「花」―「果実」は、その見た目は全く変わっているのに、同じモノが変化して姿を変えたのだと私達は理解できます。これは、「果実」が「蕾」と「花」の本質を保ちつつ、その矛盾を解消したモノだからと説明できます。このように、弁証法は、正―反―合の発展的な変化の法則を表します。

ここでやや無理やりになりますが、記号化に当てはめてみます。正は「果実は蕾である」で、反は「果実は花である」となります。

(9.1.1)蕾―花―果実の弁証法
<> 果実は蕾である
<> 果実は花である

この正と反が相互に対立し矛盾するため、否定し合うことになります。その結果、正は「果実は花を内包する蕾である」に、反は「果実は蕾を内包する花である」に修正されます。

(9.1.1)蕾―花―果実の弁証法
<> 果実は蕾である
<> 果実は花である
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> 果実は花を内包する蕾である
<> 果実は蕾を内包する花である

合・ジンテーゼは、正と反が両立し統合する本質的な1歩進んだ考えなので、「果実」が持っている「蕾」と「花」の両方を併せ持つことになります。つまり、合・ジンテーゼは「果実は蕾であり、同時に花である」ということになります。

(9.1.1)蕾―花―果実の弁証法
<> 果実は蕾である
<> 果実は花である
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> 果実は花を内包する蕾である
<> 果実は蕾を内包する花である
 ↓止揚
[] 果実は蕾であり、同時に花である

こうして、「果実」がどのように現れるかが分かると同時に、「蕾」の本質と「花」の本質を併せて持っていることが分かります。ですから、蕾―花―果実という外見上は全く違うモノを、同じモノが変化した結果だと統一的に理解できることになります。

この弁証法の考え方は、色々なものを統一的に理解するのに役に立ちます。

例えば、人間も弁証法的に成長していくと見ることができます。
今現在、自分がいます。何かしら自分なりに価値観を持って生きています。この自分が、正・テーゼです。しかし、今現在の自分の価値観を否定するような出来事が起きます。この自己否定が、反・アンチテーゼです。自分の持っている今現在の価値観と、それに反するが見逃せない価値観が対立・矛盾し合います。この両者が止揚・アウフヘーベンされることで、今現在の価値観とそれに反する価値観の本質を保ちつつ、1歩進んだ新たな価値観を形成していきます。この新たな価値観が、合・ジンテーゼです。

(9.1.2)価値観の弁証法
<> 自分の価値観は今ある
<> 自分の価値観を否定するものがある
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> 自分の価値観はその否定を内包して今ある
<> 自分の価値観は今あるものを内包して否定する
↓止揚 価値観の修正・進歩
[] 自分の価値観は、今あるものであり、同時に否定されているものである
 = 今とそれを否定する価値観を両立する新しい価値観

いわゆる、今の自分は、過去の自分の積み重ねである。過去の自分が、今の自分とは違っていても、決して無関係のものとしては切り離すことができない、といった考えです。このように、人間の成長も弁証法的に理解できます。

他にも、物理学でも弁証法的な見方ができます。
17〜18世紀から整理されたニュートン力学は、明快で簡潔な法則によって世の中の運動を説明できるように見ました。ニュートン力学が、正・テーゼです。しかし、19世紀に大きく発展してきた電磁気学が、ニュートン力学での説明と矛盾するようになりました。電磁気学が、反・アンチテーゼです。そこで、アインシュタインに代表される20世紀の物理学者達は、ニュートン力学と電磁気学を統合し、相対性理論を構築していきました。これは、正のニュートン力学と反の電磁気学を止揚・アウフヘーベンしたと言えます。そして、相対性理論が、合・ジンテーゼです。

(9.1.3)科学の弁証法
<> ニュートン力学は運動法則を説明できる
<> ニュートン力学は電磁気学を説明できない
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> ニュートン力学は説明できない電磁気学を内包して運動法則を説明できる
<> ニュートン力学は説明できる物理現象を内包して電磁気学を説明できない
↓止揚 ニュートン力学の修正・進歩
[] 相対性理論は運動法則を説明でき、同時に電磁気学も説明できる

まぁ、しかしながら、その合である相対性理論も、20世紀の前半に確立してきた量子力学と対立することになりますが。ともかく、
このように、科学の発展を見ても、正・テーゼの中に予め矛盾する要素が存在し、反・アンチテーゼによって否定されることになり、正と反を止揚・アウフヘーベンすることで、両者の本質を保ちつつ1歩進んだ合・ジンテーゼが成立しているのが見て取れます。

また、歴史を見ても、弁証法的な見方ができます。
21世紀の今となっては古い考えに思えるかもしれませんが、20世紀まではかなりの影響力を持った考え方が、先程紹介したマルクスの唯物史観と呼ばれる階級闘争です。王は市民を使って生産させています。これが正・テーゼです。技術や産業の発達で生産力は増大します。これが反・アンチテーゼです。王と市民との生産関係は固定されています。王はずっと王であり、市民は市民です。しかし、生産力が増大して来ると、市民が力をつけることになります。ここに、対立と矛盾が生じます。王と市民という階級が争うことになるため、階級闘争と呼ばれます。

つまり、王は、市民が自分を打倒しないように抑え込もうとします。市民は、自分が生産したものを王に無理やり奪われるため、王を打倒しようとします。そして、力をつけて来た市民は、王を打倒することに成功します。これが止揚・アウフヘーベンです。その結果、支配者たる王はいなくなり、皆が平等で、自らが自らを統治するという市民社会が到来するわけです。これが合・ジンテーゼです。
市民が市民として生産する関係にあり、市民が市民として生産力を向上させていきます。

(9.1.4)歴史の弁証法
<> 王は市民を使って生産する
   (生産関係の固定)
<> 市民は生産力の向上で力をつける
   (生産力の向上)
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> 王は生産力の向上を内包して生産関係の固定をはかる
<> 市民は生産関係の固定を内包して生産力の向上をはかる
↓止揚 支配者の変化=市民による王の打倒
[] 市民は生産関係を固定すると同時に生産力の向上を行う
 = 市民社会の到来(自らが自らを統治)

しかし、マルクスはこれで終わらせず、弁証法的に未来を大胆に予測してみせます。
よく考えてみると、市民社会の中でも支配と被支配の関係が残っていました。皆が平等に見える市民も実際には、生産手段を持ち金持ちである資本家と、労働力を提供するしかない貧乏人である労働者がいます。資本家が労働者を使って生産します。王と市民の生産関係から資本家と労働者の生産関係になっています。これが、正・テーゼです。労働者は、自分の生産した物を資本家に必要以上に奪われています。しかし、ここでも技術の向上と共に生産力は向上していきます。これが、反・アンチテーゼです。労働者は、資本家を否定、つまり打倒しようとします。資本家だって倒されたくありませんので、労働者を否定、抑圧します。こうして資本家と労働者に対立・矛盾関係が生じます。階級闘争ですね。やがて、この階級闘争は、市民が王を打倒したように、労働者が資本家を打倒することで止揚・アウフヘーベンされます。その結果、合・ジンテーゼとして共産体制へ移行します。

この共産体制は、自分が生産したものを他人に奪われる搾取がなく皆が平等に暮らせる社会です。そして、労働者が資本家を打倒した結果として、金持ちと貧乏人といった区別も無くなり、皆が真に平等になります。

(9.1.4)歴史の弁証法
<> 王は市民を使って生産する
   (生産関係の固定)
<> 市民は生産力の向上で力をつける
   (生産力の向上)
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> 王は生産力の向上を内包して生産関係の固定をはかる
<> 市民は生産関係の固定を内包して生産力の向上をはかる
 ↓止揚 支配者の変化=市民による王の打倒
[] 市民は生産関係を固定すると同時に生産力の向上を行う
 = 市民社会の到来(自らが自らを統治)
 ↓内実を見ると…
<> 資本家は労働者を使って生産する
   (生産関係の固定)
<> 労働者は生産力の向上で力をつける
   (生産力の向上)
 ↓<>と<>は相互に対立・矛盾
<> 資本家は生産力の向上を内包して生産関係の固定をはかる
<> 労働者は生産関係の固定を内包して生産力の向上をはかる
↓止揚 支配者の変化=労働者による資本家の打倒
[] 労働者は生産関係を固定すると同時に生産力の向上を行う
 = 共産体制の到来(真の意味で自らが自らを統治)

このマルクスの予言は、社会主義の旗頭のソ連が崩壊して久しく、共産主義を真面目に守っている大国もなくなった今では荒唐無稽にしか思えませんが、ほんの20〜30年前くらいまでは、かなり影響力を持った考え方でした。

このように、弁証法は、多様な事物を統一的に理解するために役に立ちます。
一見すると矛盾し対立するように見える複数の事物を、上手く統一的に発展させるための発想を得るときなどに活躍します。しかし、気を付けておかなければならないのは、マルクス史観の階級闘争で分かると思いますが、一回聞いただけだともっともらしく聞こえるけど、かなり論理的に飛躍のある発想方法だということです。

そして、弁証法を帰納法に分類した意味はここにあります。仮説推論のように、検証なしには、その正しいか否かが分からないということです。ですから、弁証法による推論は、仮説を形成する段階では役に立ちますが、その仮説を検証しなければ論理的とは程遠いモノになります。

また、正直に言うと、弁証法は何でも当てはめて考えることが結構できます。何でも当てはまるから、弁証法によって世界を理解することができると、ヘーゲル達は考えたとも言えるわけですが。つまり、後から振り返って、既に分かっていることを弁証法的な変化の法則に当てはめて考えているとも言えます。

ですから、実際に正・テーゼと反・アンチテーゼを見出すことができても、合・ジンテーゼに止揚・アウフヘーベンすることは容易ではありません。弁証法によって、思考の方向性が示されるコトがある、といったものにとどまることの方が多いです。とはいえ、思考の方向性さえ分かれば、それに向けてどうすればよいか具体的に考えていけばいいわけなので、まったくの無駄というわけでもありません。

このように、弁証法は、発想の第一段階や、物事を後で統一的に理解するときには役に立つ思考法と言えます。そして、必ず検証を必要とする考え方でもあります。

ページトップへ


3 総合・分析・直観

弁証法によって、統一的理解が進むと言いましたが、そのついでに、統一的理解がどのようにできるかを、分析・総合・直観と絡めて一般論を説明しておきます。

分析は、英語で analysis と言います。analysis の動詞形である analyze は、「分析する」という日本語で馴染みが深いはずです。ただし、analyze は、「分析する」という意味だけでなく、「分解する」という意味もあります。このため、「分析」を理解するには、「分解」の意味を理解することでもあります。ちなみに「分析」の「析」は、「細かく分かつ」や「込み入ったものを解きほぐす」といった「分ける」ことと似た意味です。これを踏まえて説明していきます。

分析
とは、複雑な対象をより単純な要素に分解して明らかにすることです。
複雑な対象を眺めただけでは、何が何だか分からないものです。そこで、訳が分からないモノを理解するために、対象を構成する要素に細かく分解していきます。「分解」としての analyze です。そして、細かく分解された各要素を、それぞれ調べて行きます。そうすると、各要素が一体何なのかが明らかになり、理解できるようになります。これが「分析」としての analyze です。
つまり、分析とは、全体ではよく分からないものを、部分へと分けることで、対象を理解すること、と言えます。

図9.3を見てください。これを自分で描けと言われたとき、どうやって描きますか。
図9.3.分析と総合 


おそらく、これをそのまま描ける人はいないと思います。いや別に描けないと言ってるわけではなく、何も「分析」することなく描くことができるないのではないか、ということです。

この図を描くとき、おそらく、まず円と六芒星に「分解」していると思います。その六芒星も2つの三角形に「分解」しているはずです。
図9.3.分析と総合 


そして、図が1つの円と2つの三角形から成り立っていると「分析」ができれば、この図がどういった図形なのか理解できることになります。

このように分析は、対象を理解する上で重要な方法になります。対象が複雑になればなるほど、見ただけで何なのかを理解することは難しくなります。そのため、要素ごとに分解して、各要素が何なのかを明らかにすることを積み重ねて、全体へと近づいて行き、最終的に全体を理解していくことになります。

分析を終えて改めて図を再現してみようとするとき、バラバラにされた要素を組み合わせていくことになります。
これが総合です。総合は、英語では synthesis です。弁証法の合・ジンテーゼと同じ名詞が使われています。 syn- が「統合の」といった意味であること、また、thesis が「論文」や「命題」といった意味なのもは先程説明しました。したがって、 synthesis は「統合された」「理論」や「命題」ということになります。また、synthesis を動詞化した synthesize は、「統合する」「総合する」「合成する」という意味になります。楽器のシンセサイザー(synthesizer)と言えば、音と音を合成する楽器のことを言うことからも分かりやすいかと思います。

つまり、総合とは、分析の結果として得られた要素を統一して構成することです。
分析では全体を部分へと分解して、各要素を明らかにしていくものでした。その逆に、総合は、分解され明らかになった部分を全体へと統一して再構成することになります。部分だけではなく、全体を理解することができます。

図を描く例で言えば、分析によって1つの円と2つの三角形から成り立つことが分かったので、この1つの円と2つの三角形を総合、つまり、上手く統一的に再構成して描くことになります。2つの三角形を組み合わせて六芒星をつくり、その六芒星と1つの円を組み合わせることで元の図を復元します。
図9.3.分析と総合 


論理的思考では、複雑なモノを考えやすくするために分析して、それを統一的に理解するために総合することになります。分析と総合は表裏一体です。そして、今まで説明して来た推論方法は、この分析と総合の過程でした。

前提の命題が何を意味しているのか分析して、相互の関連性を特定して、隠れた前提を見つけ出して、論理的に総合して結論を導いていました。

また、学問では論理的思考がモロに必要になるので、分析と総合の考えが多く出てきます。そして、分析していくことで色々なことが分かってくる反面、色々なことが分かり過ぎて、総合化が困難になるという事態にもなります。いわゆる専門分化によって、専門外のことについて素人同然になるという問題です。

いずれにしろ、自分が理解できないときは分析してみるといいでしょう。

さて、分析と総合に加えて、直観というものにも触れておきます。直観については、「観る」ではなく「感じる」の直感を同じ意味で使う人もいますが、ここでは区別しておきます。
感じる方の直感は、「感」覚的に対象を「すぐ」に捉えるといった意味です。
観る方の直観は、対象を「観」察することで「直」に捉えるといった意味です。

これだけでは違いがよく分からないので、
「感覚的に対象を直に捉える」直感では、対象について感じたことに重点が置かれています。
「対象を観察することで直に捉える」直観では、対象を観たときに本質まで把握していることに重点があります。

つまり、感じる直感では、感じたことなので、そこに対象の本質が含まれているかどうかは問題になりませんが、観る直観では、対象の本質まで把握していることになります。したがって、ろくに勉強しておらず、何となく勘で答える場合は、感じる直感になります。直観なら本質まで把握しているので、正しい答えが通常は導けるはずだからです。とは言え、直感も直観も両方とも、論理的思考による分析・総合や推論を使わずに、感じたまま、観たまま即座に対象を捉えている点では共通します。

さて直感と直観の区別がすんだところで、直観の定義も自ずから見えてきました。
直観は、論理的思考を介在させずに、観察することで、対象の本質を直接把握することです。
英語では、intuition と言います。論理的思考を介在させないとは、推論がないことを意味します。例えば、「A は B、B は C、よって、A は C」といった思考もなしに、いきなり「A は C だ」と本質を理解することになります。図9.3.分析と総合の例で言えば、図を1つの円と2つの三角形にバラバラにしなくてもそのまま認識してパッと描ける人ならば直観的に理解できていると言えるでしょう。

また、複雑な問題の解決策を模索していて分析してみてもダメで困っているときに、論理的思考とは別の所である時パッと閃いて解決できるということがあります。この閃きは直観と言えます。論理的思考によらずに、問題の本質を捉えるからです。

もちろん、直観によって導かれた考えは、閃いた人にしか理解できないので、それを筋道立てて説明する必要があります。これは論理的思考の範疇に入ってきます。このように直観と論理的思考は対立するものではなく、相互に補う関係にあります。

そして、特に直観的な思考が活躍する推論は、仮説推論類比推論、弁証法であると言えます。これらの推論は、分析的な論理的思考の前提の最初の段階では、思い付き的な面が強く現れるからです。

この他にも、何より直観が最も活躍するのは、芸術の分野かもしれません。

例えば、絵画で考えてみましょう。
対象を分析して総合しても、ある程度上手い絵は描けるでしょう。しかし、分析していき、各パーツを細かく書いて、積み重ねて全体を描いてみても、傑作にはなり難いです。直観的に本質を捉えて描くことが求められることが多いかと思います。また、芸術の制作だけでなく、鑑賞にも直観は重要と言えるでしょう。分析して各パーツの素晴らしさを説明しても、絵画の全体の良さは説明し尽くすことはできません。全体をパッと観て直観的にその本質である美しさを把握することが重要になってきます。

なお、直観がまるで無から有を生み出しているように感じるかもしれませんが、直観も結局はその人の経験に頼ることになります。経験によって獲得してきた知識や習慣、思考法によって直観力が変わってくることになります。直観も言ってみれば、帰納法により蓄積された経験が、無意識の内に観念連合し、ある仮説を導くといった具合です。ですから、素人の直観は大体外れます。本質を捉える観念と結びつくための観念がないからです。

したがって、直観力を磨きたいのならば、色々なことを学び、知り、思考することで経験を増やしていくのが近道だと言えます。歴史に残る芸術家も天才ではあるのでしょうが、そもそも膨大な分析と総合の過程を通じて経験を積み重ねており、直感的に素晴らしい作品を残しているわけです。類比推論的に言って、論理的思考を補うための直観でも、いかに論理的思考を積みかねてきたがものを言うわけです。

さて、分析・総合・直観を簡単にまとめておきます。
「α」を観察したとき、これがよく分からないとします。それで分析をすることにします。
「α」をよく観察してみると、「α には要素として、a、b、c がある」ことに気付きます。しかし、「a、b、c」が一体何なのか分かりません。
図9.4.分析と総合と直観 


さらに、「α」全体から、部分要素「a」「b」「c」へ分解します。部分要素「a」「b」「c」をそれぞれ別個に観察してみると、「a は A」「b は B」「c は C」だということが理解できました。ここでは、「A」「B」「C」はよく知っているモノとしています。
図9.4.分析と総合と直観 


これを総合します。「a は A」「b は B」「c は C」であるから、「α には要素として、a、b、c がある」ので、「α は、A、B、C である」であると再構成します。これで「α」の理解ができたことになります。
図9.4.分析と総合と直観 


分析も総合もせずに本質を捉える直観では、「α」を見たら、即座に「α とは、A、B、C である」と本質的に理解することを意味します。
図9.4.分析と総合と直観 


このように直観では、分析する過程、つまり、「α には要素として、a、b、c がある」ことに気付き、「a」「b」「c」へと分解し、「a は A」「b は B」「c は C」だと調べる過程がありません。
また、総合する過程、つまり、「a は A」「b は B」「c は C」であるから、「α には要素として、a、b、c がある」ので、「α は、A、B、C である」であると再構成する過程もありません。
「α」の観察から、いきなり「α とは、A、B、C である」と理解していることが分かります。

なお、第III部 教養と学問・科学で、総合で、総合と分析の関係については、総合や分析を実際に使った後に詳しく説明します。

ページトップへ


4 まとめ

弁証法の正―反―合の止揚による事物の統一的理解の思考方法について説明してきました。

弁証法の推論自体は、必ずしも個別の事象を正しく解明するとは限りませんでした。推論を開始するにあたって、発想の第一歩としては役に立っても、それは仮説であり検証が必要なことは注意しなければなりません。しかし、事物の関係性を統一的に体系的に理解するのに役立つ思考法ではあります。

また、統一的理解に関連して、対象を部分に分解して解明する分析とそれを統一して再構成する総合が論理的思考で重要になることと、それを補う論理的思考を介さず本質的な理解を行う直観についても解説しました。


前頁:第8章 観念連合
ページトップへ:第9章 弁証法
次頁:第10章 論理的思考のまとめ
講義の目次へ
 
ADs
 参考文献
◎野矢茂樹 『論理学』 東京大学出版会
○野矢茂樹 『新版 論理トレーニング』 産業図書
○照屋 華子、岡田 恵子 『ロジカル・シンキング』 東洋経済新報社
・照屋 華子 『ロジカル・ライティング』 東洋経済新報社
・アンドリュー・J・サター著/中村起子訳 『図解主義!』 インデックス・コミュニケーション
講義で適宜使った専門知識に関する文献
・吉川洋 『マクロ経済学(現代経済学入門)』 岩波書店
・伊藤元重氏 『マクロ経済学』 日本評論社
・マンキュー 『マンキュー入門経済学』『マンキュー経済学Iミクロ編』『マンキュー経済学IIマクロ編』東洋経済新報社
・スティグリッツ 『スティグリッツ入門経済学』『スティグリッツミクロ経済学』『スティグリッツマクロ経済学』東洋経済新報社
・キング(Gary King)、コヘイン(Robert O. Keohane)、ヴァーバ(Sidney Verba) 『社会科学のリサーチ・デザイン』 勁草書房
・江藤裕之 「healthの語源とその同族語との意味的連鎖−意味的連鎖という視点からの語源研究の有効性−」『長野県看護大学紀要』2002, no4, p.95-99
・Richard P. Feynman, The Feynman Lectures on Physics, Addison–Wesley
日本語:ファインマン『ファインマン物理学〈1〉力学』『ファインマン物理学〈2〉光・熱・波動』『ファインマン物理学〈3〉電磁気学』『ファインマン物理学〈4〉電磁波と物性』『ファインマン物理学〈5〉量子力学』 岩波書店
◎Charles Eames Jr 映画の書籍化powers of ten
・文部科学省「平成17年度学校基本調査 学部系統分類表」 web
・厚生労働省 健康日本21(総論) 第6章 人生の各段階の課題 web
・東京大学 web
・ポパー 『果てしなき探求〈上〉―知的自伝』『果てしなき探求〈下〉―知的自伝』 岩波現代選書
・廣松渉 編 『岩波哲学・思想事典』 岩波書店
・思想の科学研究会 編 『哲学・論理用語辞典』 弘文堂


総論 教養と学問の前に

はじめに(テキストダウンロード)
序章 学問と議論のために

 第 I 部 論理的思考
第1章 論理的であるとは
第2章 推論方法の基礎
第3章 三段論法
第4章 演繹法
第5章 帰納法
第6章 仮説推論
第7章 類比推論
第8章 観念連合
第9章 弁証法
第10章 論理的思考のまとめ
第11章 論理と誤謬
第11章(補講) 論理と誤謬

 第 II 部 論理的な問題解決 
第12章 目的と手段
第13章 演繹法と帰納法の絡み
第14章 問題と解決
第15章 論理ツリー ― what ツリー―
第16章 論理ツリー ― why ツリー―
第17章 論理ツリー ― how ツリー―
第18章 設定型の問題と創造型の問題
第19章 因果関係図
第20章 論理ピラミッドの基本
第21章 論理ピラミッド ―現象型の問題―
第22章 論理ピラミッドの応用
第23章 論理的な問題解決のまとめ

 第 III 部 教養と学問・科学
第24章 学問と科学の定義と目的
第25章 科学の方法
第26章 定性的研究と定量的研究
第27章 実証主義と反証主義
第28章 還元主義・総合・全体論
第29章 学問と専門・教養
第30章 学問の専門分化
第31章 教養と学問

引用・参考文献
テキストのダウンロードと管理

ADs